JIMグループのCSR

 

ジェイ・アイ・エム グループでは、グループの企業理念にある「お客様に感動されるサービスの提供と、全従業員の物心両面の幸福を追求する」を日々の業務で実践し、グループ全体の企業価値を守るために、CSRに力を入れています。

 

コンプライアンスに対する取組み

 

グループのコンプライアンス体制

事業活動に関わる法令や、その他の規範の遵守を促進するため、グループ全体におけるコンプライアンス活動を推進しています。
 また、株式会社ジェイ・アイ・エム内にグループ各社との連絡窓口を明確化し、双方向のコミュニケーションが取りやすい体制を構築。事業に関わる法令や労働基準法をはじめとした、各種法令に関わる知識付与をグループ各社向けに行っています。
 

各種法令遵守への取り組み

営業・販売をはじめとする様々な分野において各種法令に則った公正な競争・取引を行うべく、景品表示法や契約実務に関する勉強会などを開催し、担当者への関連知識の付与を行っています。
 その他、事業に関わる法令、労働基準法などの各種法令に関しても、グループ各社に対して勉強会の実施や、社内コミュニケーションツール(専用WEBサイト)を通じて教育・啓発を実施しています。
 

内部通報制度の運用

全従業員が安心して働けるように、セクハラやパワハラといった行為に対してグループ内に通報窓口(JIMアラート)を設けています。この通報窓口「JIMアラート」は、ジェイ・アイ・エムグループの業務を担っている全従業員が利用可能で、相談者およびその関係者のプライバシーが保護され、相談または事実関係の確認に協力したことを理由に不利益な取り扱いが行われないことが約束されています。
 なお、これら窓口に関する情報は、社内ポータルや社内コミュニケーションツール(専用ウェブサイト)を通じて周知しています。

リスクに対する取組み

 

情報セキュリティ

お客様の個人情報をはじめとする情報資産を保護するため、各種法令に加えて情報セキュリティの国際規格(ISO27001)を踏まえた取り組みを実施しています。
 「ジェイ・アイ・エムグループ 情報セキュリティ基本規程」の遵守状況に関するグループ全社全部署を対象とした自己点検(年1回)や、情報セキュリティに関するルール定着に向けた啓発活動に継続的に取り組んでいます。また多様化するサイバー攻撃からの被害を防ぐため、ネットワーク監視の強化を行い、グループ全従業員に対し、標的型攻撃メールのサンプル(事例)等を発信し意識啓発に努めています。
 

予防的リスク管理

株式会社ジェイ・アイ・エム コンプライアンス統括部では、自律的なリスク管理(リスクの洗い出し、分析と評価、対策の検討と実施)の仕組みを構築しています。
 本部が各現場からヒヤリングした内容や報告等で洗い出された重要なリスクについては、対策の進捗や効果、達成レベルを確認・評価するとともに、グループ全体で取り組むべきと判断された課題については、グループとして主体的に対策を講じ、その進捗を「CSR推進会議」で確認しています。
 

事業継続管理(BCM)

災害発生時において、お客様・ジェイ・アイ・エムグループ全従業員の健康・安全を確保し、事業を可能な限り早期に復旧させるために、事業継続計画(BCP)を策定し、運用体制を構築しています。